根割り橘

定紋:
根割り橘、やぐら橘

十七代目市村家橘

十七代目 市村 家橘
(じゅうしちだいめ いちむら かきつ)

伝統歌舞伎保存会会員
1949年(昭和24年)1月21日生まれ
父親は歌舞伎役者 二代目市村吉五郎
母親は清元宗家 清元延寿太夫の孫

根割り橘

替紋、裏紋:
左巻き七巻き半うずまき

「かきつ会」のご案内

本会は、市村家橘を応援してくださる皆様と家橘との、集いの会、後援会で御座います。
「かきつ会」では、会員様を募集しております。
いつでもお気軽にご入会くださいますようお願い申し上げます。



「かきつ会」の詳細はこちら

歌舞伎役者 橘屋 十七代目 市村家橘  プロフィール

本名 市村 壽(いちむら ひさし)
出身 東京都港区
代数 十七代目
屋号 橘屋(たちばなや)
定紋 根割り橘(櫓橘(やぐらたちばな)ともいう)
替紋、裏紋 左巻き七巻き半うずまき
俳名 橘衛(きつえ)
日本舞踊 村山流 宗家(巫女舞いを指導)
舞踊名 村山 右近(むらやま うこん)
清元(母方先祖が清元の宗家)、小唄、長唄、荻江、一中節、義太夫
清元 名取り名 清元 斎宮(きよもと いつき)
小唄 名取り名 飯島 ひろ斎宮(いいじま ひろいつき)

父方の家系には、十五代目市村羽左衛門、十二代目片岡仁左衛門を祖父に持つ。
二代目市村吉五郎を、父に持つ。
片岡我當、片岡秀太郎、片岡仁左衛門、片岡孝太郎、尾上菊五郎、尾上菊之助、中村勘三郎、中村勘九郎、中村七之助、尾上右近などは、親戚にあたる。
母方の家系には、清元のみならず、近世邦楽界で名人と崇められる。
五代目清元延寿太夫を、曽祖父に持つ。
四代目清元栄寿太夫を、祖父に持つ。
現在の清元宗家こと、七代目清元延寿太夫は、いとこにあたる。

芸歴

昭和31年7月 歌舞伎座「お祭り」の倅、芳松役で、市村 壽(いちむら ひさし)を名乗り、初舞台
昭和42年10月 歌舞伎座「島衛」のお仲役で、市村家橘を襲名する
昭和48年7月 名題 昇進

十七代目中村勘三郎一門にいたが、十七代目中村勘三郎の没後、十二代目市川團十郎を師とし、成田屋一門として活躍中。
芸風は、白塗りの二枚目から、色悪、さらに三枚目がかった役どころも、女形も、老人役も、難なくこなし、芸域が広く、どんな役でもこなせる腕達者。
所作が凛とし、静止している姿も美しいと、好評。
以前、慶應義塾大学歌舞伎研究会にて講師も務め、学生達にも親身に指導をし、人気を得た。
また、過去に脳卒中で患ったという経験を持つが、努力を重ね、見事に復帰した。
今では、過去の病気が嘘のように感じられるほどの名役者である。
ますます今後の活躍の場が広がっていくだろう。長年、家橘を支え続けるファンが多いのは、気さくで気取らない、彼の人柄の良さからだと、誰もが感じられるであろう。最近では、新しいファンも増加中。
どんな役でもこなせるので、家橘の芝居を観劇するのが、毎回楽しみである。

「いつものこと」
-みんなでつくるイベント紹介-

「いつ・もの・こと」は、ご近所の井戸端会議や回覧板で話題になりそうな“いつもの”日常をテーマにしたイベント紹介サイトです。市村家橘関連のイベントを探してみましょう。



橘屋いつものことへ

受賞歴

昭和34年 大谷会長賞
昭和62年 片岡仁左衛門賞
平成3年 歌舞伎座賞
平成7年 歌舞伎座賞
平成9年 眞山青果賞 演劇賞
眞山青果賞 奨励賞
平成12年 眞山青果賞 奨励賞
主な当たり役
  1. 『源平布引滝・実盛物語』の九郎助娘小万
  2. 『南総里見八犬伝』の犬川荘助
  3. 『天衣紛上野初花・河内山』の和泉屋清兵衛